*All archives* |  *Admin*

2018/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押すと「わぁー」って出る
2011-11-23 22.49.39
隠しボタンを押すと…

2011-11-23 22.52.12
わぁーって出てくる。

マックのハッピーセットのおもちゃ。笑


さて。
今日は水曜日ということで、頭をつかう授業がやってきました。

とはいっても先週ので慣れた部分もあるかな、
今日はすんなりとハモれて基本トレーニングはサクッとクリア。

曲になってみたら全然よくなくて、その原因としては
・根本的に音がとれていない
・歌っている間に自分が出している音をわかっていない、のふたつ。

全員がそうなわけではないけど
このどちらかに当てはまる人がいると
とたんにバランスが崩れて一気にだめになる。

根本的に音がとれていないのは練習でクリアできるはずだから
ちゃんと練習してきてねって話なんだけど^^;

授業後半は相対音感の鍛え方に焦点が当たってたかな。

絶対音感の有る無しはハモることとは無関係。
絶対音感のある人というのは、
歌うときに指標があるだけなんじゃないかと思います。

絶対音感という指標があっても、
そこに向かって声を出す(音程を変えていく)トレーニングは別物。
指標をとらえることができて、
そこに向かって確実に音が出せるようになったときに
はじめて絶対音感が歌唱に役立つのかなぁと思うわけで。

ハモるために大事なことは
相手がいまどんな音を出していて、
いまどんな和音の中に自分がいるのかなって
客観的にとらえて、その中で適正な音を自分が出す、ということ。

歌いながら人の声をよく聴くことは簡単なことではありません。
でも、たとえばざっくりと「もっと一体感を」とかいうと
それだけで注意深く人の音を聴くようになって
少しまとまりが出るのです。

ブレスのタイミングや、母音の音色、
子音のスピードがそろったりなんかもしちゃいます。

そんなわけで、根本的に音がとれている状態なら、
注意深くなってみるだけで音程感の問題もクリアできるんじゃないかな。
と勝手に楽観的に結論づけることにします。笑

自分の問題を持ち込むこともあるけど
自分にはない問題、まだ出会ってない問題が持ち込まれるので
なかなかいろんなことを考えさせられるアンサンブルの授業なのでした。


頭つかうと甘いものがすすむわぁ(*´∀`*)←




人気ブログランキングへ
↑クリック&訪問、Vielen Dank☆
Secret
(非公開コメント受付中)

どんなつながり??
タイトルと前半のおもちゃと、後半の真面目な文のつながりがなくてちょっと笑えた(笑)
絶対音感ほしいなぁとよく思うんだけど・・・
耳コピとか、家に帰ってからでも聴いたままの調で思い出せそうだし。
>nota♪
バランスよ、バランス。笑

声を出す場合でしか考えてなかったけど、聴く場合の音感かぁ。。
ちょっと考えてみようっと。
プロフィール

R

Author:R
ソプラノ♪1984年生まれ。横浜市出身。
2009年7月末よりドイツ・ハンブルクに住んでいます。


当ブログはリンクフリーです☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。